国木田彩良さんインタビュー

モデル、そしてクリエイティブ・ディレクターとして東京とベルリンを拠点に活躍する国木田彩良さん。
2022年秋冬THE MEイメージビジュアルモデルに起用した彩良さんに、THE MEについて、ファッションについてのお話を伺いました。

ベルリン、パリ、東京を行き来する彩良さんから見たこれからのファッションとは。

ーTHE MEー

今日は撮影お疲れ様でした!
今回短い来日の中でTHE MEでの撮影をお願いし、ショップにもお越しいただきました。THE MEのブランドやサービスについてご感想をお聞かせください。

ー彩良さんー

私たち世代はファストファッションからそろそろ抜け出したい・・・と思っている人もいると思います。
スローファッションまでいかなくても、ひとつひとつのモノを大事にすることはとても大切。
THE MEはセミオーダーだから在庫も少ない=廃棄も抑えられますよね。まずモラリティとして良い。
そしてセミオーダーはラグジュアリー感があると同時に、モノづくりの楽しさもある。それでも値段が手ごろなのが素晴らしいと思います。

そして、セミオーダーだから高い。ではなく、仕事をしている人たちが購入しやすい価格なのが素敵です。ファッションにそんなにお金を使いたくない人もたくさんいる。
つまりTHE MEは、サービスはラグジュアリー、だけどリアルなブランド。丁寧に作った自分だけのセミオーダーの服は長く愛用出来るから、よい投資になると思いました。

ーTHE MEー

6LOOKS着用いただきました。着心地などのご感想は?

ー彩良さんー

まず生地が良いですね。シンプルなデザインのアイテムを質の良い素材で作っているブランド。若い時は誰でも有名なブランド物を好むものですが、私も大人になって、「いいモノを着たい」「肌に心地よい素材の服を着たい」と思うようになりました。

ラグジュアリーのイメージが変わったとでも言いますか・・・。

また、THE MEには定番のアイテムが多いこと、2・3シーズン着られるアイテムが多いこともエフォートレスでフレンチぽい考え方です。

ーTHE MEー

ファッションについての彩良さんの想いを教えてください。

ー彩良ー

OLでも経営者でもTVに出ているキャスターでも、人前に出て仕事をする人にとって、いい服を着ることは自信に繋がります。きちんとした服を着て人前に出るということは、相手に対してのリスペクトの表現の一つ。
スーツやジャケットを着て、自分のテンションを仕事モードに切り替えることも大切。ファッションは自分に自信を持たせてくれることが一番大事だと思っています。

THE MEの服は仕事の時だけでなく、スタイリング次第で週末やオフのリラックスタイムにも着られる。それも今どきですね。次回の来日時には私もショップでオーダーを体験したいです !

<Profile>

国木田彩良(SAILA KUNIKIDA)
1994年、イギリス生まれ。パリで育ち高校卒業後、服飾の名門校スタジオ・ベルソーにてファッションデザインを学ぶ。2014年に来日し、モデルとして活躍。
2021年1月、クリエイティブ・エージェンシー「Nami Creatives」を立ち上げ、クリエイティブ・ディレクターとしても活動。東京とベルリンを拠点に生活。

気になるアイテムが見つかったら、来店のご予約を。
お店ではどのアイテムも、幅広いサイズの中からお選びいただけます。
ご試着は専属のナビゲーターが担当。着丈やシルエットなど、
お客さまの好みをお聞きしながら、
着心地や動きやすさまでとことんこだわって
欲しかった理想への一着へと、チューニングしていきます。

気になるアイテムが見つかったら、
このままオンラインでお求めになるか、
来店のご予約を。
お店ではどのアイテムも、幅広いサイズの中から
お選びいただけます。